日本語
Gamereactor
ニュース
Like a Dragon: Infinite Wealth

セガは、最初の2つのオリジナルヤクザタイトルのストーリーラインを「きっぱりと拒否」しました

出版社は、これでは主流の読者を納得させられないと感じました。

HQ

今年は、ヤクザシリーズの歴史の中でおそらく最高のゲーム(新しいフェーズでドラゴンのように名前が変更されました)がありました。Like a Dragon: Infinite Wealth は 私たちを 虜にしただけでなく、フランチャイズで最も 売れた タイトルになり、 Steam などのプラットフォームで最も成功したタイトルになりました。しかし、セガがシリーズの初期にもっと妥協していれば、このようなことは起こらなかったかもしれません。

週刊落合(翻訳:オートマトン)のインタビューで、セガの元クリエイティブディレクターである名越敏弘 )は、2000年代初頭に最初のヤクザゲームをリリースすることを考えていた当時、セガは世界中で売れるゲームをリリースするのに苦労しており、ヤクザがその前提に当てはまることにまったく納得していなかったと説明しました。

「もちろん、それは手に負えないほど却下されました」 と彼は言った。 「結局のところ、大衆にアピールするという先ほどの発言とは全く逆でした。子供は弾けないし、女性や外国人向けでもない。そういう意味では、抵抗なく通るわけにはいかなかった」

名越は、セガが諦めて最初のヤクザゲームにゴーサインを出す前に、少なくとも3回ゲームを提示しなければならなかったと言います。桐生一馬の物語は、最終的にルイ・ガ・ゴトクの正しさを証明し、それ以来、20年以上にわたって出版社の主力となっています。シリーズが春日一番のキャラクターの肩に置かれた今、私たちはドラゴンのようにとセガの両方で将来さらに多くの成功を収めることになりそうです。

ヤクザシリーズについて聞いたことがないゲーマーのプロフィールを想像できますか?

Like a Dragon: Infinite Wealth

関連あるテキスト:

0
Like a Dragon: Infinite Wealth Score

Like a Dragon: Infinite Wealth

レビュー. 執筆者 Alberto Garrido

より多くのミニゲーム、より多くの戦い、より多くのドラマ、そしてシリーズの主人公の帰還。イチバンと桐生は、史上最高のヤクザ(またはドラゴンのように)を私たちに残します。



Loading next content