日本語
Gamereactor
ニュース
Suicide Squad: Kill the Justice League

ワーナー・ブラザース、ロックステディが『スーサイド・スクワッド』の約束されたロードマップを実現することを約束

しかし、彼らはまた、その後、それは終わったとほのめかしています。

HQ

Suicide Squad: Kill the Justice League は昔も今も大惨事であり、今のところプレイヤーの数が非常に少ないため、Rocksteady が約束されたコンテンツ ロードマップを提供することさえ想像するのは難しいです。これは、Jason Schreier氏の調査によって助けられず、ゲームは現在 「必要最低限のサポートしか受けておらず、当初の計画ほどではないことは確かです」ことがわかりました。

しかし今、ワーナー・ブラザースは ついにIGNに、現在のロードマップはRocksteadyによって実装されるため、サポートがすぐに撤回されることはないことを明らかにした。

「このコミュニティの懸念に対処するために、ワーナー・ブラザースはIGNに、ロックステディはSuicide Squad: Kill the Justice League の最初の1年間のサポートを見届けると語ったが、その後どうなるかについてはコメントを控えた。「発表されていないことについては、まだ議論していない」と広報担当者は付け加えた。

広報担当者の声明に記載されているように、彼らはロードマップを超えたサポートについてコメントしたくないので、当然のことながら、約束されたコンテンツを配信した後、ゲームが実際に実行され続ける可能性がどの程度あるのか疑問に思います。

Suicide Squad: Kill the Justice League

関連あるテキスト:



Loading next content