日本語
Gamereactor
ニュース
Final Fantasy XIV

スクウェア・エニックスのプロデューサー:任天堂のフォーマットでFinal Fantasy XIV を立ち上げたい

「これからも頑張って頑張ります」

HQ

Final Fantasy XIV は2010年にリリースされましたが、スクウェア・エニックスがゲームを撤回したほどの厳しい批判に遭い、大幅な変更を経て2013年に再リリースされました。当時のゲームははるかに優れており、今日まで最も人気のあるオンラインロールプレイングゲームの1つであり続けています。

今年の初め、以前はPCとPlayStationでしか利用できなかったXboxがついにリリースされた後、新しい視聴者が冒険をプレイする機会を得ました。しかし、おそらくそれは最終的にスイッチ2にも登場する可能性があり、ゲームディレクター兼プロデューサーの吉田直樹は、 Easy Allies とのインタビューで期待していると述べています(Nintendo Everythingによって転写されました)。

「現時点での10年以上の私の夢というか目標は、プレイヤーがデバイスに関係なくFinal Fantasy XIV をプレイできるようにし、サーバーにアクセスして同じ世界にアクセスできるようにすることです。...私たちは何年も前からXboxプラットフォームでゲームを発売しようと話し合ってきたので、もちろん任天堂のプラットフォームでタイトルを利用できるようにしたいと思っていますし、努力を続けたいと思っています。しかし、それは多くの時間を要しました - Xboxでは、文字通り何年も話し合ってきましたが、ついにそれが実現しつつあります。これからも頑張って頑張っていきたいと思います。ゆくゆくはクールなものになるだろうし、いつか探求して実現したいものだ」

ご覧のとおり、それが実際に来るという確証はありませんが、少なくとも遅かれ早かれ起こる可能性は十分にあるようですが、これをどのように解釈しますか?

Final Fantasy XIV

関連あるテキスト:



Loading next content