日本語
Gamereactor
ニュース
The Hobbit: An Unexpected Journey

ピーター・ジャクソンは、自分の剣が売りに出されているのを見て、ホビットのスターが壊れたと思った

泥棒が監禁所からオークリストを盗んだことが判明した。

ピーター・ジャクソンはかつて、映画『ホビット』でトーリン・オーケンシールドを演じた俳優のリチャード・アーミテージを脇に引き寄せて、彼が破産していてお金が必要かどうか尋ねました。ジャクソンは、アーミテージの剣「オークリスト」がインターネットで売りに出されているのを見つけた。

アーミテージはTotal Filmにこの試練のすべてを説明した( GamesRadar経由)。「まさか撮影 でオリジナルの剣をプレゼントされるとは思っていませんでした」と彼は 言い、オークリストをとても大切に思っている理由を説明しました。 「実は、鍵をかけていたんだけど、盗まれて、誰かが売ろうとしていたんだ」

「ピーター(・ジャクソン)は僕を脇に引き寄せて、『お前は金に困っているのか?』と言った。「何言ってるの?」って。彼は「お前の剣はネットで売られている」と言った。だから、警察を巻き込むという大変なことをしなければならなかったのですが、刀を取り戻すことができました。今は目立つ場所の棚に置いてあります」

それが元の場所に戻ったのは良いことですが、ジャクソンが剣が売りに出されていることを発見したのは興味深いことです。トーリンの先祖は、監禁された剣を盗まれるのをあまり喜ばなかっただろうが、他の善良なドワーフと同じように、アーミテージは自分のものを取り戻すまで止まらなかった。

The Hobbit: An Unexpected Journey

関連あるテキスト:



Loading next content