日本語
Gamereactor
ニュース
No Rest for the Wicked

No Rest for the Wicked スタジオのボスが $70 のゲーム値札を狙う

「私たちは、株主に自分たちが成長しているという幻想を抱かせるためだけに、何百人もの従業員を雇っているわけではありません」

HQ

No Rest for the Wicked は、『Ori and the Blind Forest』の開発元である Moon Studios の今後のゲームです。このゲームはディアブロの流れを汲むアクションRPGですが、Blizzardの最新のトップダウンの地獄への旅とは異なり、Moon StudiosはNo Rest for the Wicked の70ドルの入場料を検討していません。

Moonがリリース前からゲームを割引価格で販売することを余儀なくされていると主張する記事を読んだ後、CEOのThomas MaherはTwitter/Xに長文の投稿で反応しました 。また、マイクロトランザクションが上位にある70ドルのゲームも定期的に見られますが、通常、プレイヤーはそれを嫌います」と彼は 語り始めました。

「私はまた、純粋に化粧品に65ドル以上の料金を請求する開発者で起こっているばかげたことに対して、公然と反対の立場を取りました。『ウィキッド』を早期アクセスでリリースするので、プレイヤーに最初から定価を請求するのは賢明ではないと考えました」

Moonでは、非常に効率的であろうと努めています。私たちは、株主に私たちが成長しているという幻想を抱かせるためだけに、何百人もの人々を雇っているのではありません。当社には株主はいません。AAAスタジオよりも低コストでより良い製品を作ることができ、その結果、より低い価格を請求できるのであれば、それは私たちが間違ったことではなく、正しいことをしている証拠です。また、Moon には、できるだけ多くのプレイヤーにゲームをプレイしてもらいたいという思いから、おそらく想定よりも少し少ない料金で課金してきた歴史があります。

Maher氏のスタンスは、今日のゲームのトレンドに大きく逆行しているように思えます。それが良いか悪いかは様子を見る必要がありますが、彼のツイートに対する反応はおおむね肯定的です。

No Rest for the Wicked

関連あるテキスト:



Loading next content