日本語
Gamereactor
ニュース

任天堂はWii Uの修理プログラムを終了しています

今後は修理を受けられないので、お持ちのコンソールのお手入れをしたほうがいいでしょう。

HQ

Wii Uは2012年に発売されましたが、序盤に大きな問題を抱え、1300万台強を販売し、わずか4年半後にSwitchに取って代わられ、任天堂史上最悪のメインコンソールになりました。

コンソールの製造と販売が停止され、オンラインサービスが段階的に廃止され始めましたが、任天堂は公式コンポーネントを使用した修理オプションを提供してきました。しかし、これらは現在不足しているため、任天堂のコンソールの修復プログラムも終了しています。

コンソールの重要なコンポーネントは、ハードウェアの決定的な機能であったタブレット コントローラーです。それらは別々に販売されたことはなく、誤動作すると、Wii Uを使用するのが難しい場合があります。言い換えれば、あなたが持っているものの世話をするようにしてください-それは将来交換するのがはるかに難しいからです。

任天堂はWii Uの修理プログラムを終了しています

ありがとう、VGC



Loading next content