日本語
Gamereactor
ニュース

ジェリー・サインフェルド:「支配的な男らしさが恋しい」

「ああ、有毒なものはわかる。感謝感謝。でも、やっぱり本物の男が好きなんです」

HQ

ジェリー・サインフェルドは、もちろん、最も高く評価されているだけでなく、最も視聴されているものの1つであるサインフェルドTVシリーズのわずかに神経症的なスタンダップコメディアンとして常に最もよく知られています。最終回が放送されてから26年が経過した現在でも、ストリーミングサービスは番組の独占権に多額のお金を払っています。

しかし、最近では、ジェリーは今日の社会情勢の主要な批評家としても知られており、キャンセルされるのはあまりにも簡単であり、冗談を言えることには制限が多すぎると考えており、多くの著名なコメディアンと共有している見解であり、多くの敵となっています。

しかし、ジェリーは自分の立場を貫き、ポッドキャスト「Honestly」の最新エピソードで、ホストのバーリ・ワイスに、自分は一度もそうなったことがないと冗談めかして言いながらも、本物の男性が恋しいと語り、自分の視点を定義することから始めます。

「あの時代は、やはり(ジョン・F・ケネディが)モハメド・アリだったり、ショーン・コネリーだったり、ハワード・コーセルだったり、あそこまで行けると思っていた。あれは本物の男だ」

彼はこれらの理想を追い求めることを「幼稚な追求」だと考えていますが、本物の男性が恋しいという事実を隠していません。

「でも、支配的な男らしさが恋しい。ええ、私は有毒なものを手に入れます。感謝感謝。でも、やっぱり本物の男が好きなんです」

ご自身では、男性の役割が悪化したのか、それとも正しい方向に進んでいるのか、どのように考えていますか?

ジェリー・サインフェルド:「支配的な男らしさが恋しい」
Nounpusher 写真 / Shutterstock.com

ありがとう、 締め切り



Loading next content