LIVE
HQ
logo hd live | Nobody Wants to Die
See in hd icon

Chat

X
      😁 😂 😃 😄 😅 😆 😇 😈 😉 😊 😋 😌 😍 😏 😐 😑 😒 😓 😔 😕 😖 😗 😘 😙 😚 😛 😜 😝 😞 😟 😠 😡 😢 😣 😤 😥 😦 😧 😨 😩 😪 😫 😬 😭 😮 😯 😰 😱 😲 😳 😴 😵 😶 😷 😸 😹 😺 😻 😼 😽 😾 😿 🙀 🙁 🙂 🙃 🙄
      日本語
      Gamereactor
      ライフスタイル

      アウディがe-tron GTの次期進化型を発表

      これは、わずかに異なる 3 つのバリアントにまたがっています。

      HQ

      アウディは、自動車業界における電動化の動きを強力に支援しており、この分野で最も積極的に動いてきた企業の1つです。この目的のために、ドイツの会社は、e-tron GTラインの次のステップ を明らかにし 、これには3つの新しいバリエーションが含まれ、今年8月に注文が到着する予定です。

      第1弾は「エレガントなスポーティさ」を体現する「S e-tron GT」。「シングルフレームの上のボディカラーの塗装は、グランツーリスモをよりスポーティで視覚的に深みのある外観にしている」とし、「フロントエプロンの前輪の周りの空気の流れを最適化するエアカーテンは、より力強い形状になっている」としている。

      ややプレミアム寄りのRS e-tron GTは 「より過激なルックス」が特徴だという。 「機能的なL字型ブレードとの組み合わせで、ストリートを包み込むような低めに見える」とか、「RS e-tron GTのリアエンドはモータースポーツの要素を取り入れている」とか。

      最後に、RS e-tron GT performanceは、アウディがこれまでに製造した初のフル電動RSパフォーマンスモデルとなります。 「ユニークなデザイン要素を特徴とし、マットでダークなカーボンルーフとオプションのカーボンカモフラージュエレメントの組み合わせにより、RS e-tron GTとは一線を画しています」。

      これは広告です:

      また、各モデルでは、航続距離と性能を向上させるために、充電電力の増加と電動全輪駆動を提供すると言われています。具体的には、「S e-tron GT」が500kW、「RS e-tron GT」が630kW、「RS e-tron」が680kWで、後者は「アウディ史上最もパワフルな市販車」となる。

      これをパフォーマンスに換算すると、S e-tron GTの0-62mph加速は3.4秒、RS e-tron GTは2.8秒、RS e-tron GTのパフォーマンスは2.5秒という驚異的な速さで達成されます。Sモデルの上限は152mphで、RSの2つのモデルは155mphに制限されています。

      これらの新車の価格と正式な発売日はまだ明らかにされていません。

      アウディがe-tron GTの次期進化型を発表
      Audi
      これは広告です:


      Loading next content