日本語
Gamereactor
ハードウェア

Steelseries Arctis 5 Wireless

価格は引き下げられましたが、必需品はすべて手に入ります。

正直に言うと、ヘッドセットに関しては、Steelseriesのコアデザイン哲学が気に入っています。Arctisシリーズのさまざまなモデルに関する私自身のレビューとGamereactorネットワークのレビューの両方を見ると、主要なデザイン要素について概ね幅広い肯定的な意見が見られます。

そして、それはここでも繰り返されています。市場に出回っている他のほとんどのヘッドセットよりも快適性を生み出すのと同じ優れた伸縮性のあるバンドを手に入れることができます。いつものように1つのカップに収納できるClearCast 2.Xマイク、いつでも簡単に押して互いに区別できる定義可能な物理ボタン、幅広い機能と繊細なデザインがあります。より高価なPro モデルについて言えることのほとんどすべてがここに当てはまります。

Arctis 5の価格は110ポンドです。これはNova Pro Wireless に支払う金額の約半分なので、優れたバッテリー交換システム、GameDac、アクティブノイズキャンセリングなしで行う必要があります。一方、他のほとんどすべてを手に入れることができます。まず第一に、構造は柔軟で、耐久性のある生地は効果的に冷却され、人工皮革にありがちな圧迫効果を生み出すことはなく、前述の伸縮性のあるストラップは頭がヘッドバンドに接触するのを防ぎ、長期間の使用に最適です。

Steelseries Arctis 5 Wireless

約60時間のバッテリー駆動時間があり、USB-C急速充電により、最終的にバッテリーが切れてもすぐに再起動できます。アクティブに使用されているときは、クイックスイッチもあるので、PC、PS5、Switch、Mac、VRヘッドセット、Steam Deck (Xboxを除く)で動作し、携帯電話でBluetooth動作するUSB-Cドングルを使用できます。私はこのような機能があまり好きではありませんでしたが、誰かが電話をかけてきたときにヘッドセットをオンのままにしておくことができることを意味します。

これは広告です:

マイクは実に素晴らしく、使用しないときは完全に収納できるのがとても簡単です。また、ミュートされているかどうかを示す明確なLEDライトがあり、物理的な触覚ボタンにより、オンとオフの切り替えがいつでも簡単であり、Win-Winの関係です。さらに、Steelseriesのドライバーも非常に優れています。

アクティブノイズキャンセリングは放棄しますが、まったく新しいコンパニオンアプリを入手できます。はい、iOSには専用のNova 5 アプリがあり、執筆時点では100を超えるゲーム固有のオーディオプリセットを提供するAndroid があります。これらはエンジニアによって作成され、各ゲームに合わせて調整されていると思われます。Fortnite 、Apex Legends 、Minecraft などの非常に人気のあるゲームがすべてここにありますが、Baldur's Gate III 、Alan Wake 2 、Cyberpunk 2077 などの多くの新しいゲームもここにあります。将来のゲームに専用のプロファイルがあるという保証はなく、お気に入りのゲームのプロファイルが表示されるまでにどのくらいの時間がかかるかも保証されていないため、このような機能を判断するのは難しいです。また、小さなタイトルが追加されることを期待する必要もありません。しかし、それはかなりうまく機能し、特にBattlefield 2042 、Halo Infinite 、PUBG のような競争力のあるサウンドスケープでは、興奮する理由があります。

Steelseries Arctis 5 Wireless

このアプリのためにArctis Nova 5 を選択しないでください。今日では、専用のオーディオプロファイルであなたを誘惑するアプリベースのエコシステムが無数にあります。いいえ、Arctis 5を選択するには、もっと基本的な理由があります。Steelseriesは、価格に対してまったく同じ包括的なパッケージを提供しておらず、価格は少し高いかもしれませんが、ここでは優れた基本機能を利用できます。素晴らしい音質、素晴らしい快適さ、素晴らしいマイク - すべての必需品がここにあり、そのためにSteelseriesは背中を軽くたたきます。

これは広告です:
09 Gamereactor Japan
9 / 10
overall score
は私たちのネットワークのスコアです。あなたはどうですか? ネットワークスコアは、各国のスコアの平均です

関連あるテキスト:



Loading next content