日本語
Gamereactor
ニュース
The Day the Earth Blew Up: A Looney Tunes Movie

ルーニー・テューンズの新作映画を初公開

『地球が爆発した日』は、ルーニー・テューンズの長編映画として初めて劇場公開された長編映画です。

The Day the Earth Blew Up: A Looney Tunes Movie は来月のアヌシー映画祭で上映される予定ですが、その前に、ルーニーテューンズの奇抜な楽しみへの回帰のように思える映画を初公開します。

プロットは、ダフィーダック、ポーキーピッグ、ペチュニアピッグがエイリアンの侵略に続く地球の最後の希望であることを中心に展開します。下の画像では、ダフィー、ポーキー、ペチュニアが家に隠れ、紫色の目を持つ人々が外を歩き回っているのを見ることができます。

ある種の洗脳の筋書きをしているようで、物語はエイリアンが地球に降りてくることを中心に展開しています。ダフィーとポーキー役のエリック・バウザ、ペチュニア役のキャンディ・ミロが出演します。本作は、『ルーニー・テューンズ』シリーズを手掛けたピート・ブラウンガードの監督デビュー作でもある。

The Day the Earth Blew Up: A Looney Tunes Movie

関連あるテキスト:



Loading next content