日本語
Gamereactor
ニュース
Lord of the Rings: The Hunt for Gollum

ワーナー、アンディ・サーキスと共演した映画「Lord of the Rings: The Hunt for Gollum 」の製作と2026年の公開を発表

この映画は、アンディ・サーキスが主演・監督を務め、ピーター・ジャクソンがプロデュースします。

HQ

中つ国には、大小のスクリーンで語るべき物語がまだたくさんあります。Prime Videoで配信中の大作『力の指輪』を注視している一方で、このIP(現在もEmbracer Groupが手中)では、トールキンの世界と『ロード・オブ・ザ・リング』を題材にした2つのプロジェクトが進行中です。

ワーナー・ブラザースは本日、ピーター・ジャクソンの三部作でアンディ・サーキスが見事にスクリーンにもたらした不吉なロード・オブ・ザ・リングのキャラクターについての映画、Lord of the Rings: The Hunt for Gollum の制作を発表しました。サーキスは、ハリウッドでのキャリアを成功裏に続けたにもかかわらず、彼の最も重要な役割に別れを告げたことはなく、今、彼は再び一つの指輪の影響によって低くなったかつてのホビットを演じるだけでなく、映画を監督します。そして、ピーター・ジャクソンがワーナーの子会社であるニュー・ライン・シネマで映画のプロデューサーを務めるため、彼は従者を伴います。

現時点では、プロジェクトの詳細はあまりわかっていませんが、2026年にリリースされる予定です。

また、『ホビット』の200年前を舞台にしたアニメーション映画『ロード・オブ・ザ・リング:ロヒルリムの戦争』が、神山健二監督によって制作されていることもわかっています。

Lord of the Rings: The Hunt for Gollum

ありがとう、バラエティ

関連あるテキスト:



Loading next content