日本語
Gamereactor
Videos
Furiosa: A Mad Max Saga
HQ

GRTV News - Furiosa: A Mad Max Saga は興行収入で低迷している

このアクション映画は、制作費の回収に苦労するようです。

Audio transcriptions

"GRTVニュースへようこそ。今日は について少し話をしようと思う。 フュリオサの興行収入についてだ。今 フュリオサ』の興行収入についてだ。 巨額の予算、大スター、大掛かりなアクション......。 大ヒットを記録している。 映画館に人が戻ってくる。そして、映画館に人が戻ってくるという期待もあった。 という期待もあった。勿論、誰もこの映画が「邦画の最高傑作」になるとは期待していなかったと思う。 億ドルを稼ぎ出すなどとは誰も思っていなかっただろう。 マッドマックスのフランチャイズは決して大規模なものではなかった。 を稼いだことはない。しかし、この映画にはまだお金を稼げるという希望があった。 本当に苦戦しているようだ。だから我々は 今日は「フュリオサ」と「マッドマックス・サーガ」の興行成績を見てみよう。 そう、フュリオサは映画館での勢いを失いつつある。 予想通りだ。この映画で数千万ドルを回収するのは難しい。 製作費を回収するにはまだ数千万ドルかかる。私がこの話をしようと思ったのは、そのためでもある。 今日この話をしようと思ったのは、『フュリオサ』が公開されて1週間ほど経ったからだ、 フュリオサが映画館で公開されて10日以上経ったからだ。だから、これは期待できない。 今すぐ軌道に乗るとは思っていない。箱の中のフュリオサの大いなる日々 フュリオサが興行的に大成功を収めたのはもう過去のことだ。そのため、おそらくこれ以上の興行収入は見込めないだろう。 この時点ではショックだった。しかし、とにかくジョージ・ミラーの マッドマックス・サーガ最新章の燃料はほとんど空っぽのようだ。興行収入 マッドマックス』シリーズの最新作『マッドマックス 怒りのデス・ロード』の興行成績は空振りに終わったようだ。 億4000万ドルのチケット収入にとどまった。ありがとうボックス オフィスモジョ。この映画は、紙面上ではかなり良さそうだが、興行収入をはるかに下回っている。 をはるかに下回っている。この映画にはかなりの価値がある。 億6,800万ドルという予算には、映画製作のための経費は含まれていない。 フュリオサにとっては、かなり厳しい状況だ。 製作費の回収もままならないようだ。 フュリオサやマッドマックス・サーガを見たことがあるか? なぜ観に来ないと思う?では、さっそくBox Office Mojoにアクセスしてみよう。 まず最初に、この映画の興行収入の内訳だ。あと少しで 5,000万ドルが国内市場、つまり基本的にアメリカ国内、そして6,500万ドルがアメリカ国内だ。 そのすぐ下、国際市場には6500万ユーロが投入される。 億5,000万ドルよりも少ない。つまり、1億5,000万ドルよりも少ないということだ。 2024年の興行カレンダーがあれば見てみよう。これは というのも、ここにあるのは 今年一番の大作だ。フュリオサは?アクアマンの上だ残念だ これは国内カレンダーだ。ワールドワイドカレンダーが欲しかった。まだ フュリオサが11位なので、あまり良くない。1億1400万ドルだ。その理由は 特に心配なのは、フュリオサが苦戦していることだ。 を吹っ飛ばしたような映画だからだ。 レーダーに少し映った。A24の『シビル・ウォー』には今のところ及ばない。 より高価なプレミアム映画と言うべきだろう。これは珍しいことだ。 A24が『シビル・ウォー』のような映画を製作するのは異例だし、『フュリオサ』も苦戦している。 奮闘している。しかし、私が本当にショッキングだと思うのはこの作品だ。今、私は ガーフィールドの映画が悪いとか、そういうことを言いたいのではない。 ガーフィールドとフュリオサが同じ日に公開される。 4千万ドル多い。これは興行の状況を示していると思う。 の興行収入を上回った。フォール・ガイズ』の数字を見てたんだ。 これは映画としてはあまり良くないと思ったんだ。フォール・ガイズ』は 興行収入に必要なものはすべて揃っている。 そしてフュリオサが公開された。だから 最近の興行成績は非常に気になるところだ。でも、そうだね。 この映画の興行収入が増えるとは思えない。これは フュリオサが興行的に一番いい時期が終わったと思う。 って感じだ。 このような結果になってしまった。 マーケティングを含めると、その予算は、おそらく我々が見ることはないだろうということになる。 マッドマックスはもう長いこと見られないだろう。 というのも、『フューリーロード』は『マッドマックス』同様、10億ドル級の作品がほとんどなかった時代に公開されたからだ。 当たり前だった。年に8本か9本は出ていた。 フューリーロードが公開され、約470万ドルを稼ぎ出した。 百万ドルとか、そういう大金だ。 しかし、マッドマックスという作品は、映画史に残るような作品ではないということだ。 フュリオサに多くの卵をつぎ込んだが、それが功を奏さなかったということだ。 特に財政的な意味ではうまくいっていない。今となっては映画 映画会社がストリーミングやオンデマンドサービスをどう判断しているかはわからない。 というのも、映画やドラマは、そのような映画やドラマを作るために作られたものだからだ。 映画館で上映される時間は、現時点ではこれまでよりも短くなっている。 最近はチケット収入よりも、映画館に足を運ぶ時間を重視しているようだ。 しかし、同時に心配な状況でもある。 フュリオサにとって、特にこの映画の製作費がどれほどのものであったか。でも、そうだね。 フュリオサを見たか? フュリオサ』はもっといい作品に値すると思うか? そうでなければ、以下のコメント欄ですべてを語ってほしい。 明日の9倍ズームで今週のテレビニュースをお届けする。 それでは、また月曜日をお楽しみに。"

GRTV News

詳細

ビデオ

詳細

映画トレイラー

詳細

トレイラー

詳細

イベント

詳細