日本語
Gamereactor
Videos
HQ

Journey Rapid GO 10,000mAh Wireless Power Bank (Quick Look) - 外出先での充電を格上げ

このワイヤレスパワーバンクシステムは、合計10,000mAhの容量を提供し、キックスタンドとMagSafe機能を備えており、システムの充電をさらに簡単にします。

Audio transcriptions

"Gamereactorクイックルックへようこそ。 今回はパワーバンクを紹介する。 .920から00:14.6.6.まで、様々なことができるパワーバンクを紹介した。 例えば、Apple Watchを同時に充電できる小さな棚を作ることもできる。 |にできるようになり、それはとても重要なことだ。 しかし、それは特にアップルにとって悪いことではないと思う。 特にアップル社のエコシステム・マニアにとっては、ジャーニーが彼らの糧となっているようだ。 特に69.99ドルという値段の割にはベーシックだ。 しかし、それでもRapidGoファミリーは様々なエキサイティングな製品で溢れている。 アップル・ユーザーが探求するために。 もっと詳しく見てみよう。 つまり、これは機内持ち込み可能なパワーバンクという意味では、非常にオーソドックスなものなのだ。 10,000mAhで、このキャンバス地の柄で覆われているにもかかわらず、本当に マグセーフマグネットコイルは、明らかにマグセーフエコシステムと結びついている。 携帯電話に取り付ける。 この時点で、MagSafeが推奨するワット数で充電される。 本質的な違いはない。 明らかにかなり軽いと言える。 このパワーバンクのような重さがもう少し下がればと思う。 アップルは独自のMagSafeパワーバンクでかなり近づいたようだが、明らかに そのうちのひとつは、mAhのサイズが小さすぎて、適切な充電ができなかったことだ。 一方、10,000mAhは実際に使用できるものだ。 そして、ここにはクールな小物がいくつかある。 キックスタンドが内蔵されている。 キックスタンドを外すのも難しい。 つまり、携帯電話を横にひねって、スタンバイモードの恩恵を受けることもできる。 ということだ。 同時に、それだけではないのだ、 というのも、以前ジャーニーと一緒にやったことがあるのだが、それは次のようなことだ。 いいアイデアもあるし、よく使いたい機能性もある。 この前、ドライバーを使わないと外せなかったんだ......。 そして今回も同じことをしなければならない。 しかし、一度それをやって、私はあなたがそれを緩和し、少しメカニズムを使用する場合だと思う そうすれば、少しは楽になるはずだ。 そうすれば、小さなループができる。 このループは何に使うんだ? 写真では、手に固定できるようになっている。 今は少ないけど、2、3人は持ってるよ。 今は少ないが、数年前までは携帯の背面にループのようなものが付いていた。 その方が長時間の使用でも持ちやすいからだ。 指の間に挟んでつぶすんだ。 を使うのであれば、よりしっかりと手にフィットするようになる。 長時間の使用に耐える。 これは似たようなものだ。 昔のフープと同じように、同じようにすることもできる。 といった具合だ。 MagSafeのマグネットが、しっかりと固定できることを意味しているのは明らかだ。 しかし、それでも69.99ドルは10,000mAhのパワーバンクとしては決して安くはない。 もっと安いものもある。 だから、Journeyには何かプラスアルファの機能を導入してほしかった。 アップルウォッチの充電は、基本的にインとアウトがある。 このような場合、Apple Watchの充電は、USB Type-Cポート、USB Type-Aポート、そして充電量を知らせる小さなLEDインジケータを使用することになる。 と表示される。 だから、ここにあるのは良いものばかりだ。 だから、そのお金に見合うだけのものを手に入れることができるんだ。 ご視聴ありがとう。 また次で会おう。"

周辺機器

詳細

ビデオ

詳細

映画トレイラー

詳細

トレイラー

詳細

イベント

詳細