日本語
Gamereactor
Videos
HQ

Razer Kishi Ultra (Quick Look) - 妥協のないモバイルゲーム

Kishiコントローラーの最新版は、モバイルゲームを可能な限りコンソール体験に近づけるように設計されています。

Audio transcriptions

"Gamereactorクイックルックへようこそ。 ゲームリアクターは、ゲームプレイをより快適にするために開発された。 外出先でもゲームを楽しめる。 外出先というより、家の中の別の場所かもしれない。 ニンテンドー3DSやプレイステーションのような携帯型ゲーム機はあったが クラウドゲーミングとコンソールのストリーミングの両方が可能になったからだ。 ゲームをどこにでも持ち運べるという夢に近づけるようになった。 それにはいくつかの方法がある。 ただ家にいたいだけならともかく、例えばベッドで遊びたいとか、あるいはそのうちのひとつは 家族の誰かが大きなテレビ画面を使いたがっている。 ソファーに座って何かをプレイしたいのなら、プレイステーション・ポータルがあればいい。 PS5を持っているならロジクールGクラウドを、Xboxシリーズを持っているならロジクールGクラウドを。 方法はいろいろあるが、昔はスマートフォンを使うのが一般的だった、 そのアプリを使えば、クラウドからストリーミング配信することもできる。 を使用することができる。 5ドルくらいで小さなコントローラーのクランプが買える。 Bluetoothでスマホに繋げば、表向きはプレイステーション・ポータルと同じようなことができる。 を提供する。 Razerはしばらく前からKishiコントローラーを発売している。 しかし、いくつかの問題があった。 この数年間、さまざまなビデオやレビューで指摘してきたとおりだ。 そのうちのひとつが、人間工学的に悪いというものだった。 Joy-Conコントローラーは、手の大きな人にとっては、長時間使用すると非常に不快になることがある。 ゲームプレイが長くなる。 また、非常に限られた携帯電話しか使えなかった。 古いiPhoneの場合はLightning、Androidの場合はUSB Type-Cとなる。 そして問題は、十分な大きさの画面ではなかったということだ。 何かをストリーミングしたい場合、6.1インチのiPhone 15 Proは使いたくない。 のスクリーンを使いたい。 私には小さすぎる。 RazerはKishi UltraとKishi Ultra用のメインドライブを提供してくれた。 このような、より大きなスクリーンを採用することで、一般的な6.7インチのセミフラッグシップモデルを超えることができるのだ。 このため、Razerは基本的に以下のことを推奨している。 iPadミニを使うことを勧める。 今、私はiPad Miniを持っていて、iPad Miniでテストしてみた。 ここでの主な魅力は、通常のように挿入し、そして接続することだ。 USB Type-Cで接続すれば、8インチのゲーミングデバイスが完成する。 ロジクールGクラウドやプレイステーション・ポータルに匹敵する。 また、iPad Proのような流れるような画面はないものの、iPad Miniだからだ、 特に、このような場合、非常に素晴らしいゲーム体験を提供してくれるだろう。 コンソールのストリーミングや、マイクロソフトのクラウドストリーミングのようなものから直接ストリーミングしている場合だ、 数ヶ月前まではxCloudと呼んでいた。 だから、これを使えば良い経験ができるのは明らかだ。 新しいiPhoneはUSB Type-Cを採用しているが、小型のアンドロイド・タブレットを使うこともできる。 8インチ程度のものであれば。 今はあまり多くないが、率直に言って、そのほとんどは非常に安い。 タブレットが小さいということは、お金を節約したいということだと純粋に理解できる。 そのため、レノボやレドミのような8インチ程度のタブレットの格安モデルがある、 Razer Kishi Ultraにフィットする。 つまり、もしあなたが子供用の小さなタブレットが欲しかったり、そのようなものが欲しかったとしたら 将来的な追加機能を望むのであれば、キシ・ウルトラを持つことになる。 その絵を完成させるために、Razerにはもっともっと進化して欲しかった。 というのも、このように伸び縮みできる岸選手のコントローラーは というのも、岸コントローラーは、タブレットが入るように伸縮できる。 多くの人は、引き出しの中で何もせず、ただ眠っているだけだ、 を使うことが多いからだ。 を使うからだ。 タブレットを活用するために、このようなUSB Type-Cを使うのは良い方法だ。 コンソールのストリーミングやクラウド・ストリーミング、あるいは単なるモバイル・ゲームに利用できる。 .820→04:52.880となる。 Razerがこれをさらに進化させ、11インチを装着できるようにしてくれたら、最高だった。 iPad Proや11インチのiPad Airなど、USB Type-Cを搭載したすべてのiPadに対応できる。 毎日使っている。 クールなコンセプトだ。 もっと見てみたい。 それ以外は本当に良い。 純粋に大きくなったことで、人間工学がより良くなっている。 メカメカしいフェイスボタンと8スタイルのDパッドが実によく機能している。 アナログスティックの反応がいい。 また、本体が入っていない状態でも、かなり場所を取る、 それでも高品質なキットであることに変わりはない。 センサーHDのガチャガチャ感はすごくいい。 ここにはRGBクロマがあるが、テストを始めてすぐにオフにした。 iPadのバッテリーをどれだけ消耗させるかわからないからだ。 でも、その電力を節約したいんだ。 RGBをカバーしてくれるし、もともとRGBは好きじゃないんだけど、僕の手はここにあるんだ。 まあ、とにかく。 USB Type-Cパススルーがあり、iPad Miniを充電できる。 メインのUSB Type-Cポートを使用している場合でも、コントローラーに接続することで充電できる。 PCのコントローラーとしても使える。 明らかに間抜けだが、1つのデバイスだけを持ちたかったら、何も持たずに済む USB Type-Cでノートパソコンやコンピューターに接続して使う。 このコントローラーは、本業以外でも非常に優秀だ。 というわけで、150ドルという値段は、いい日ならプレイステーション・ポータルの3分の1ほど安い、 悪い日にはGクラウドの半額になる。 ということになる。 だから、iPad Miniや小さめのタブレットに合うものがあれば、それは本当にそうなんだ。 理にかなっている。 見てくれて本当にありがとう。"

周辺機器

詳細

ビデオ

詳細

映画トレイラー

詳細

トレイラー

詳細

イベント

詳細