日本語
Gamereactor
ライフスタイル

これらのレスラーは、レスリングがストレートの人々だけのドラッグではないことを証明したいと考えています

フィストクラブは、LGBTQの受容を最前線に置いたプロレス団体です。

HQ

プロレスってノンケのドラッグなんて考えたこともなかったけど、今はそのつながりが頭から離れない。壮観さ、ペルソナ、壮大なパフォーマンス、すべてが今となっては理にかなっている。

その比較が頭から離れないレスリングのプロモーションは、LGBTQ+のレスラーとスポーツをコミュニティに宣伝したい組織であるフィストクラブです。北ロンドンを拠点とする彼らは、最近、そっくりなティナ・ターナーのようなキャラクターをフィーチャーしたショーを開催し、ソールドアウトしました。

「私にとっては、クィアな喜びがすべてです」と 創設者の一人は ロイターに語った。 「フィスト・クラブほどクィアな喜びを与えてくれるものはない」

しかし、LGBTQのギミックばかりではなく、フィスト・クラブは、トランスジェンダーやクィアの人々をプロレスに引き込むことに注力しており、通常はストレートが支配する空間で歓迎されていると感じてもらうことに重点を置いています。

これは広告です:
これらのレスラーは、レスリングがストレートの人々だけのドラッグではないことを証明したいと考えています


Loading next content