日本語
Gamereactor
ニュース
Final Fantasy VII: Rebirth

スクウェア・エニックスは、独占的なプレイステーション戦略を終了しているようです

日本企業は「マルチプラットフォーム戦略を積極的に推進する」としている。

HQ

Square Enix は特にPC向けのゲームだけでなく、SwitchやXbox向けのゲームもリリースしていますが、PlayStationが最も多くのタイトル、特に最大のタイトル(PlayStation 5でのみ利用可能なFinal Fantasy XVI やFinal Fantasy VII: Rebirth など)を受け取ったことは間違いありません。

しかし、この戦略は現在放棄されているようで、将来的にはさらに多くのフォーマットで同社のゲームを楽しむことを楽しみにしています。Square Enix は、今後に向けて「 顧客接点を強化する」と明言しており、これは 「任天堂プラットフォーム、プレイステーション、Xbox、PCを含むマルチプラットフォーム戦略を積極的に推進する」ことで実現したいものです。

Square Enix は近年、PCとPlayStation 5のみで発売されたForspoken や前述のPlayStation 5専用ゲームFinal Fantasy VII: Rebirth など、販売目標の達成に苦労しています。今後はより多くのフォーマットに注力することで 、「カタログタイトルを含む主要フランチャイズやAAAタイトルについて、より多くのお客様に楽しんでいただける環境を構築したい」とのこと。

要するに、今後さらに多くの人々が同社の最愛のゲームシリーズを楽しむ機会を持つようになるようです。

Final Fantasy VII: Rebirth

関連あるテキスト:

0
Final Fantasy VII: Rebirth Score

Final Fantasy VII: Rebirth

レビュー. 執筆者 Ketil Skotte

ゲーム史上最も野心的なリメイクの第2弾が到着しました。その遺産と今日の基準を満たしていますか?



Loading next content