日本語
Gamereactor
ニュース
Session: Skate Sim

Session: Skate Sim 200万人を突破

スポーツタイトルは、マイルストーンをマークするいくつかのプレーヤーの傾向を明らかにしました。

都会の遊び場でスケートボードをシュレッダーしたり、グラインドしたり、フリップしたり、トリックしたりできることを、人々は本当に楽しんでいるようで、Creature Studios ' Session: Skate Sim は200万人のプレイヤーの大台を突破しました。

このスポーツゲームは、1.0のリリース以来、2,300万回のゲームセッションが作成され、ニューヨークが最も人気のあるマップで、サンフランシスコが2位、フィラデルフィアが3位で、66%のプレイヤーが通常のスタンスを好む傾向があることを示す多くのプレイヤー統計を共有することで、この瞬間を記念しています。

7月18日にパリのアップデートが到着すると、プレイヤー数に少し調整が加えられ、今後数週間でより多くの人々がゲームに集まり、セーヌ川のほとりで征服するためのヨーロッパの遊び場がもたらされることは間違いありません。

Session: Skate Sim

ハーフパイプが半分埋まるとスケートが戻る

Session: Skate Sim の成功は偶然ではありません。ゲレンデでトニーホークをもう一度やりたいというコミュニティの願望を考えると、それは長い時間がかかりました。この市場調査を行ったのは同社だけではなく、規模や前提は異なりますが、似たようなゲームがいくつか登場しています。

最もわかりやすい例は、まもなくアルファ版がリリースされるEAのSkateですが、ロサンゼルスで開催されたSummer Game Festでは、2つの非常に奇妙な新しいゲームについて学んだ後、戻ってきました。1つ目は、Free Range GamesのWreklessで、スケートボーダーのオープンワールドとトラック作成および編集ツールを備えています。2つ目は、BillyGoat EntertainmentのParcel Corpsで、バイククールでありスケートゲームではありませんが、セルシェードの世界を心ゆくまでグラインドすることができます。

ここでは、GamereactorでWreklessとParcel Corpsに関する2つの独占インタビューを、ローカル字幕付きでご覧いただけます。

HQ
HQ

関連あるテキスト:



Loading next content