日本語
Gamereactor
ライフスタイル

音楽界の巨人たちが集結し、AIスタートアップ企業を訴える

ソニー、ユニバーサル、ワーナーは、数人のアーティストがAIの規制を求める書簡に署名してからわずか数か月後に、AIの問題に立ち向かおうとしています。

HQ

あらゆる業界が、人工知能の影響をますます大きく受けています。もちろん、クリエイティブ業界は、AI企業がテクノロジーを使ってクリエイターを仕事から追い出し、研究によって効果的に訓練されたロボットに置き換え、しばしば他人の作品を盗むため、批判や最大の見出しの多くが見られる場所です。

音楽業界では、数か月前に200人以上の著名なアーティストがAIの規制強化を求める書簡に署名し、今ではいくつかの大手レコードレーベルがこの戦いに加わろうとしています。

BBCニュース の報道によると、Sony Music 、Universal Music Group 、Warner Records は、SunoとUdioの2つのAIスタートアップを訴えており、どちらも 「ほとんど想像を絶する規模」と表現される著作権侵害に違反したと主張されています。

この訴訟では、2人が作成したソフトウェアが他人が所有する音楽を盗み、同様の作品を逆流させ、約15万ドルの賠償金を求めていると主張しています。

これは広告です:

どちらの企業もこの訴訟に関する声明を発表していませんが、AI企業は過去に、自分たちが作成した素材は、風刺やニュースを前提として、著作権で保護された作品をライセンスなしで使用することを認めるフェアユースの原則に沿っているという主張に同調してきました。

しかし、音楽界の巨人たちは、両社のAIソフトウェアが金銭的利益のために著作権で保護された素材を盗んでいるという考えに基づいて主張しており、訴訟では 「機能的な目的はありません...[ザ]新しい競合する音楽ファイルを吐き出す以外に、著作権で保護された録音を取り込むためのAIモデル」。

訴訟が進行し続けるにつれて、今後数か月でこれについてさらに詳しく聞くことになることは間違いありません。

音楽界の巨人たちが集結し、AIスタートアップ企業を訴える
ShutterStock
これは広告です:


Loading next content