日本語
Gamereactor
ニュース
Bloodborne

宮崎英高は、FromSoftwareの開発者がPCでBloodborne を見たいことを知っています

悲しいことに、結局のところ、それはフロム・ソフトウェア次第ではありません。

HQ

毎年、または年に複数回、ソニーがState of Playのプレゼンテーションを行うことを決定するたびに、ファンはPCでBloodborne の発表があることを望んでいます。今のところ、オリジナルのPS4移植版しかプレイできませんが、それはまだ素晴らしいことですが、人々が期待するいくつかの最新の機能が欠けています。

FromSoftwareのレジェンドである宮崎英高氏は、 PC Gamerの取材に対し、個人的にPCでBloodborne を見たいかどうかを語った。 「この人たちがPC移植を欲しがっているのは事実Bloodborne 知っている」と 、彼はフロム・ソフトウェア・チームの他のメンバーに言及して言った。 「欲しいと言ったら、私も困るよ。でも、私は何も反対していません」

そして、そのことについて「 Bloodborne のクリエイターの一人として、私の個人的な、純粋な率直な意見は、より多くのプレイヤーに楽しんでもらいたいということです。特に、今の時代、昔のハードで失われてしまった過去のゲームとしては、そういうゲームであれば、より多くのプレイヤーに体験してもらい、過去の遺物を追体験してもらえたらいいなと思います。ですから、私としては、それは絶対に反対するものではありません」

ですから、宮崎駿はPCでゲームを欲しがり、何百万人ものファンがPCでゲームを欲しがり、ソニーは今日PCゲーム分野にもっと力を入れているのに、なぜBloodborne がまだプラットフォームに登場していないのか不思議に思えます。

Bloodborne

関連あるテキスト:



Loading next content