日本語
Gamereactor
ニュース

データハッキングの標的となったフロム・ソフトウェアの親会社

今月初めの侵害では、1.5TBの情報が盗まれました。

HQ

今月初め、ランサムウェアグループがフロム・ソフトウェアの親会社である角川を標的とし、6月8日に同社のセキュリティシステムに侵入し、1.5TBの情報を盗み出しました。最近になってようやく、角川氏は プレスリリースでこのことを認めた。

クレジットカード情報は盗まれていないと強調していますが、個人情報が流出したかどうかはわかりません。会社のあらゆる面が攻撃され、身代金を支払わない限り、データは7月1日に公開される可能性があります。

伝えられるところによると、これまでに金額が提示されましたが、ハッカーはそれが低すぎることを発見しました。

データハッキングの標的となったフロム・ソフトウェアの親会社


Loading next content