日本語
Gamereactor
ニュース
Boy Kills World

Boy Kills World 非常に暴力的な予告編に登場

気の弱い人には向いていませんが、確かに楽しそうです。

スタイリッシュなアクション映画に登場する孤独な自警団は、長年にわたって非常に人気があり、今月下旬、4月26日にBoy Kills World が公開され、別の自警団の時がやってきました。ここでは、ビル・スカルスガルド(『イット』のペニーワイズ役で最もよく知られています)が、ヒルダ・ヴァン・デル・コイ(ファムケ・ヤンセン)による恐ろしい攻撃の後、一人ぼっちで脆弱な主人公のボーイを演じています。

しかし、耳が聞こえず、口がきけないにもかかわらず、ボーイは謎のメンターによって歩く死の罠になるように訓練されており、ご想像のとおり、最終的には彼を傷つけた人々に対処する時が来ました。それほど大したことではないように聞こえるかもしれませんが、新しい予告編では、まったく新しいレベルのエンターテインメント暴力が明らかになります。

以下でご自身でチェックしていただくと、その意味がおわかりいただけると思います。

HQ
Boy Kills World

関連あるテキスト:



Loading next content